爪フットケアNail & Foot care

巻き爪治療・フットケア外来のご紹介

足に関する様々なトラブルを爪・皮膚・筋骨格を総合的に治療していきます。

巻き爪治療

当クリニックは、手術や麻酔を必要としない「切らない巻き爪矯正」を中心に行っています。ドイツで開発されたVHO式矯正法や、超弾性ワイヤーを使用して食い込んだ爪の端を持ち上げる治療法です。治療直後から痛みが軽減し、当日から入浴や運動も可能です。日常生活に支障がありません。予防のアドバイスも行います。

巻き爪と陥入爪(かんにゅうそう)

このような症状の方に

  • 爪が食い込んで痛い
  • 靴を履くと痛い

手術なしで、巻き爪治療は可能です。
巻き爪矯正治療の臨床経験豊富な院長が患者様に最適な治療法をご提案します。

超弾性ワイヤーを使って、弯曲した爪を徐々にもとの平らな状態に戻していく治療です。矯正終了直後から痛みが軽減されていきます。

ワイヤー矯正の流れ

1.爪の先端部分の両側に小さな穴を2ヶ所開けます。痛みはありません。

2.特殊な超弾性ワイヤーを通します。ワイヤーの元に戻ろうとする力で、弯曲した爪を徐々に元の平らな状態に戻していきます。

3.ワイヤーが抜けないように固定します。

治療中や装着時に痛みはありません。スポーツや日常生活の制限はありません。約1ヵ月毎にワイヤーの交換が必要となります。施術時間は5分程度です。平均治療期間は半年~1年です。

主なリスク・副作用等
ごく稀に矯正中に違和感を感じたり、爪の破損、ワイヤーが脱落する可能性があります。状態に応じて再施術を検討します。通常1ヶ月に1回ワイヤーのかけかえを行います。治療期間の目安は半年から1年です。巻き爪の原因によっては矯正が良好であってもワイヤーを外した後に再発する場合があります。効果には個人差があります。

VHO(3TO)式巻き爪矯正はドイツのオートニクシー研究所で開発された巻き爪矯正技術につけられた名称です。VHOとはVirtuose Human Orthonyxieの頭文字をとったもので、「熟練の技による人間的な巻き爪矯正法」というような意味です。軽度から重度の巻き爪の方まで対応できる痛くない巻き爪矯正法です。

VHOの特徴

  1. 個々の巻き爪の形状に合わせることができる高い調整力を持つ。深爪でも治療可能。
  2. 個々の爪に最適な力加減で無理なくしっかり矯正できる。
  3. 爪を痛めず、衛生的。VHOはフック状に形成したワイヤーを爪溝に引っ掛ける構造。爪を薄く削りすぎることもなく、接着剤を使わないので、爪・皮膚を痛めない。
  4. VHOを装置した時点で巻きの圧力が激減するため、施術直後から痛みが改善。
  5. VHOをつけた状態でも日常生活に支障がない。

※巻き爪は日々の歩き方、靴の影響等により再発することがあります。当院では再発予防に対するアドバイスも行っております。

VHO巻き爪矯正治療は、痛みはなく出血もしません。平均治療時間は1足に15分程度です。固定したワイヤーは爪の伸びと共に前方に移動するので、施術して約2~3ヵ月後に付け替えを行います。これを1年~1年半くらいかけて矯正していきます。

VHO矯正法の流れ

1.専用のスチール鋼を爪の大きさに合わせて切る。

2.爪の弯曲状態に合わせてワイヤーを弯曲させる。

3.爪の左右両端に引っ掛ける。

4.専用のフックを用いてループを巻き上げ、固定する。

5.余分なワイヤーをカットする。

6.ワイヤーの固定部分を人工爪でカバーする。

7.VHO完了。

主なリスク・副作用等
ごく稀に矯正中に違和感を感じたり、爪の破損、VHOが脱落する可能性があります。状態に応じて再施術を検討します。通常2~3ヶ月に1回VHOのかけかえを行います。治療期間の目安は1年から1年半です。巻き爪の原因によっては矯正が良好であってもVHOを外した後に再発する場合があります。効果には個人差があります。
使用する医療機器・医薬品について
この治療は、国内未承認医療機器を用いて施術を行いますが、医師等の個人輸入により適法な輸入許可を得ています。同一の成分や性能を有する他の国内承認医療機器等はありません。

爪レーザー治療(レーザー・リネイル)

爪水虫の治療は抗真菌薬が一般的ですが、その効果が実感できない方や、抗真菌薬を使用したくない方には、爪レーザー治療が効果的な治療の一つです。爪水虫は、病巣が爪の奥に存在します。手の爪の成長速度は1ヵ月で約3mm、足の爪の成長速度は1ヵ月で約1~1.5mm程度です。根気よく治療を行うことが大切です。レーザー治療は爪水虫に効果的な治療の一つです。当院では治療にはロングパルスNd:YAGレーザを使用します。レーザーによる爪水虫の治療は、定期的な血液検査や麻酔の必要はありません。レーザー照射時間は約10分~15分と短く、頻度は1ヵ月に1~2回のペースで行います。痛みは伴わず、副作用もない安全性の高い治療法です。

〈爪レーザー治療の流れと経過〉

爪と爪の周りの皮膚にレーザーを照射します。
病巣部位を押し出すような形で新しく健康できれいな爪が成長していきます。

爪全体に病巣が広がっています

爪と爪周囲にレーザーを照射します

根元から健康な爪が成長します

古い病巣が押し出されます

きれいに成長した爪に生え変わります

通院期間について
通常1カ月に1回、レーザー照射(所要時間の目安:10~20分)を行ない、1カ月に1度を目安にご来院していただき経過観察を行います。1回の治療で病状の改善が見られない場合は計4回(初回治療を含む)を目安に、1カ月ごとにレーザー照射を行います。4回照射後、1カ月あるいは数カ月ごとに経過観察を行います。
主なリスク・副作用等
治療時に熱感を強く感じる場合もございます。また治療後、照射部位にひりひりとした熱感や疼痛を生じることもありますが、通常は冷却により軽快します。まれに過度に反応してやけどを起こす事、または治療部位に水疱が生じる事がございます。その場合には適切な処置をさせて頂きます。治療効果は菌の種類や症状などにより個人差があります。
使用する医療機器・医薬品について
この治療は国内未承認医療機器を用いて施術を行います。治療に用いる機器は当院医師の判断のもと米キュテラ株式会社より購入したものです。

角質ケア・爪ケア

                               

専用のフットケアマシーンを使って、変形した爪や肥厚した爪、ウオノメやタコ、硬くて肥厚した余分な角質を削りながら治療します。痛みはありません。

医療とフットケア

                           

角質ケア

症状によって施術時間は異なります。

このような症状の方におすすめ

  • 足裏の厚い角質
  • カカトがガサガサひび割れている
  • 保湿してもガサガサが治らない

母趾と母趾球の胼胝(タコ)のケア

施術前

1回施術後

主なリスク・副作用等
副作用やリスクの心配はほとんどありません。皮膚の状態によっては施術をお断りする場合があります。足の病状により治療回数は異なります。効果には個人差があります。

爪ケア

症状によって施術時間は異なります。

このような症状の方におすすめ

  • 爪を切りたいのに手が届かない・よく見えない
  • 爪が厚くなって切れない
  • 爪が伸びたまま放置している
  • 透析をされている方
  • 糖尿病の方
  • 足に水虫のある方

母趾爪ケア

施術前

1回施術後

主なリスク・副作用等
副作用やリスクの心配はほとんどありません。爪の状態によっては施術をお断りする場合があります。爪の病状により治療回数は異なります。効果には個人差があります。

                     

インソール・靴外来

                                   

整形外科医、義肢装具士、靴制作の技術者がチームを組んで患者様に最も適したインソールや靴を提供いたします。診察や検査をもとに、患者様の足の状態に合わせてオーダーメイドで製作します。