Doctor

院長から皆様へ

テニス、ゴルフ、ボルタリングなどのスポーツ障害を大学病院で研究してまいりました。
関連して、足の専門施設で爪フットケア、美容面ではスポーツによる肌荒れやシミ、また年齢を重ねると表れるシワ、たるみなどの治療に携わってまいりました。

これらの経験を生かし、様々な角度からのトータルケアを目指し、ウェルネスクリニック銀座beauty&sportsを開院いたしました。

ウェルネスクリニック銀座beauty & sports
院長:伊藤 実佐子

略歴

7歳でテニスをはじめ、地元ジュニア大会で何度か優勝を経験する。

10歳の時にプロテニスプレーヤーを目指し、米国ニックボロテリーテニスアカデミーに留学するなど、小、中学時代はテニス漬けだった。中3のとき自分の限界を感じ医師の道を志す。

1990年に東京女子医科大学に入学。スポーツ好きなので大学時代はゴルフなどにも挑戦した。

1996年に同大学を卒業。今までのスポーツ経験を生かし、大学病院で整形外科専門医、認定スポーツドクターとして診療に携わってきた。

傍ら、自身がスポーツによる肌のトラブルにも直面していたので、美容皮膚科医としても研鑽を積んできた。
現在、生涯を通してのお肌や身体全体の健康づくりのお手伝いとしての診療に携わっている。

経歴

東京女子医科大学医学部卒業、東京女子医科大学病院、聖マリアンナ医科大学病院、都内整形外科、美容皮膚科クリニック院長を経て現職に至る。

資格

整形外科専門医、認定スポーツドクター、運動器リハビリテーション医、温泉療法医、ボトックスビスタ認定医、ジュビダームビスタ認定医、サーマクール認定医、VHO(3TO)ライセンス取得ドクター、BLSプロバイダー

所属学会

日本整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本美容再生医療学会、日本臍帯プラセンタ学会、日本温泉気候物理医学会、日本手外科学会、日本肘関節学会、日本医療・環境オゾン学会、日本靴医学会、東日本手外科研究会、日本テニス・スポーツ医学研究会